エゴ

雨だし低気圧なので辛い。毎日辛い。

内定は無いし、就活でクソ忙しい時期のゼミ発表では後輩にボロクソ言われるし。うるせ〜〜知らね〜〜死ぬ。金もないしただでさえ一年休学してるから、職には就いておきたいんだけど、SPIも面接対策も何もかもやる気なくて、志望職種御社は尽く落ちて、全てが後手後手で、自分な〜にやってんだって感じ。地元帰ってフリーターで職探すってのもアリだけど、親からの干渉が嫌すぎて逃げたいんですよね。

エゴで子供を生むな。エゴで子供を育てるな。エゴで子供を縛り付けるな。……って全然健全家庭に育ったのにこんなことを思うので、私そもそも社会適正がないんでしょうね。「親より先に死ぬな」って、道徳を皮に被ったエゴじゃん。子供にも親より先に死ぬ権利くらいある。「親不孝」って言葉で罪をなすりつけないで欲しい。どんなに生きてて楽しいことや嬉しいことがあったとしても、「生まれて良かった」なんて思えないし、楽しい嬉しいの裏ではずっと苦しいんですよ。生老病死。輪廻から解脱しよう。

梅雨なのでずっと死ぬことを考えてるんだけど、やっぱりどうしても踏ん切りがつかないんですよ。だって死ぬって痛い。なんで死ぬときまで痛い思いしなきゃいけないのか。しかもどこで死んでも誰かに迷惑がかかる。困った。なんかもう手っ取り早く死にたいので安楽死制度導入して欲しい。安楽死制度導入してから精神的な病に起因する自殺志願者が死ねるまで何年かかるん?って感じだけど……。今はただただ、死ねないから生きるしかない。だから生きてるって感じ。

もうどう足掻いても「生きよう」となる気はしない気がする。シンヱヴァは見たい。

 

マジかよ令和ちゃん

令和になって気温の変動著しすぎて「ちょっと令和ちゃん〜😩!」って空気になってるけど平成くんも大概異常気象連発していたので、自分のこと棚に上げて他人事みたいに令和ちゃんの教育係しないで欲しいです。(なんの話をしている?)  これはただの私怨なんですが、頑張ろうと思った日にクソ暑くなるの許しがたい。5月、低気圧と高温で身体がズタボロになったので、令和ちゃんは幼女なのかもしれないけど、正直慰謝料を請求したいです。

身体がズタボロになると精神も疲弊するわけで。毎日なんでもないのに泣いてしまって。まだ外も暗いし自分語りするか!と思い至った次第です。

多分元々苦手だったのが高校大学で悪化したんだけど、自己を晒した時に他人から批評を受ける一連の流れがめちゃくちゃめちゃくちゃ苦手で心臓に悪いですね。その「他人」っていうのが、年上の人とか頭の良い人だと特に。完成品だったら、「もう完成しちゃってるから何言われてもどうにもできないな☆」って逃れられるんだけど、試作だと逃れられないじゃないですか。それが苦痛で苦痛で仕方なくて、必要に迫られた時以外逃げるようになってしまって、でもそれだと社会じゃ生きていけなくて、でも苦しまないと生きていけない社会って何?って感じで……、はあ。

具体的に言うと、自分の作ったストーリーを人に見せたり、書きかけのエントリーシートを人に見せる時に生じるんですけど……、こう、自分では自分の文章にちょっとは自信を持っているんだけど、頭の良い人は頭が良いから私とは全然別の次元にいて、そういう人にとったら私の文章とかストーリーってめちゃくちゃ稚拙だと思うと急に恥ずかしくなるんですよね。裏で嘲笑われたり無関心をキメられるのが怖いんです多分。

高校大学ってきて、点数とか関係なく「頭が良い人だ!」ってわかる人が周りに増えて、そういう人たちって自分より遥かに先に居て、なんか辛くなりました。そういう人にズタボロに言われたりしたら、この小さいけど主張だけはでかいプライドが砕け散ってしまう。豆腐メンタルなので……。

というのが長い前置きで、つまりエントリーシートが全然人に見せられなくて今までES全オチでNNTなんですね。あまりにも鬱が酷くてESをそもそもあまり出せないというのもあるけれど……。絶対人に見せたほうが良いと理解しているのに、どうしても人に見せるのが怖くて無理になってしまう。甘々な環境で育ってきた甘ちゃんって言われても仕方ない。これは甘えだなって自分でも思う。なんかもう仕方ないって逃げて良いですか?令和ちゃんのせいで身体ボロボロだし……。でも同じ環境で皆頑張ってるんだよ。苦しい。苦しい。苦しい。やっぱり生きてて良いことないですね。。

死ねない理由と生きる意味

季節の移り変わりは著しく、気がついたら春ですね。部屋から出ていないので桜が咲いてるのかどうかすらわかりませんが……

 

「セルフ余命宣告」をしてから一年が経ちました。今日は昨年「死ぬ日」と定めた日です。といっても結局死ぬことができなかったのですが。……死ぬのって死ぬほど面倒くさいですね。

昨年、死ぬと決めてから日記をつけ始めました。日記をつけることによって、死ぬまでにやらなければならないことの整理をしようと思いました。まぁしかし私は飽き性なので一ヶ月も続きませんでした。日記をつけなかった11ヶ月あまり、何をしていたのか殆ど記憶にないため、日記の習慣というのは大事だなぁと思いました。

やらなきゃいけないことを無くしたこの一年間、あれやこれやと色々考えた結果、反出生主義にまで至りました。「なんで生まれてきたのだろう」「なんで親は私を産んだのだろう」これからのことを考えた時に、自分なら子供を産もうとは思わないだろうなと思いました。自分の遺伝子を持って生まれてくる子が可哀想だし、何よりこの現代社会で生きることを強いたくないから。そう考えた時に、なんで私の親は私を産んだのだろうと思いました。生まれなければ「生の苦しみ」を味わわなくて済んだのに、生まれなければ死ななくて済んだのに……そんな気持ちが尽きません。だからといって親に「どうして私を産んだの?」と訊ける程無神経でも親不孝でもなく。訊いたところでどうすることも出来ないし……クーリングオフできるわけでもなし……。「生きる意味」も「生きる価値」も結局わからないまま、でも死ぬこともできず、日々を無為に過ごしている。このままじゃいけない、何か生きることへの意義を探そうと思っても、中々鎖となって縛り付けてくれる程の意義は見つからないんですよね。積極的に死ぬこともないし、積極的に生きることもない。死ねる時に死ぬ、そういうスタンスで過ごすのが楽だな、と思い、結局余命宣告はスルーです。あれだけ覚悟を決めたのに意気地のない奴です。

さて、漠然と「死ぬ」と思って過ごす時より「生きる」と思って過ごす時の方がやらなきゃいけないことが多いんですよね(当たり前なんですが)。今年は復学し、就職活動もしなきゃいけないわけですが、もう既にギブアップしそうです。年始に、あわよくば魔法の薬でも貰えないかな〜と大学の学生相談を頼ってみたんですが、その際に「そういう生活(ベッドから起き上がれなくて、〆切ギリギリまでタスクを始めようとしない)を続けていたら、来年も同じことするんじゃない?」みたいなことを言われました。カウンセラー的にはアドバイスを言いたかったのかもしれないけれど、凄くこたえました。昨年一昨年と同じ結果になるなんて目に見えてる、そんなの私にだってわかってる。「生きていく」んなら、そんな爛れた生活をなんとかしなきゃいけなくて、なんとかするためには何かの助けが必要な程参っていて、学生相談に行くのなんて勇気が要るのに、それなのにそんなこと言われて……私の被害妄想が激しすぎるのかもしれないけれど、カウンセラーの口からそんな言葉が出てくるのが衝撃だったし傷つきました。うるせ〜〜知らね〜〜みたいな気持ちでいようと思いましたが、現状を振り返るとカウンセラーの言葉通りで、じゃあどうすれば良かったんだ、どうすれば良いんだ?という気持ちです。就職活動も卒論もみんなやってることだし、みんな苦しんでいることだし、自分も甘えたこと言わないで頑張らなきゃいけない、そんなことはわかってる。でもどうしても気が向かない。気がついたら床に臥せっている。どうしようもない。どうしょーもない。。どうしようもないなりになんとかしようと思う。なんとかならなかったらその時は死のう。綺麗に終わらないけど今日はここまで。

時が経つのははやい

2018年があっという間に終わってしまった。「平成」が終わるのもきっとすぐだ。元号発表が4月1日ということもあり、ネットは大喜利で溢れるのだろうと目に浮かぶ。

そして、私がセルフ余命宣告をしてからとうとう1年が経とうとしている。セルフ余命宣告とは、以下に記述した通りだ。まさか元号発表前に死ぬ予定になるとは思っていなかった。

http://toarumenhealer.hatenablog.com/entry/2018/03/25/033616

 

とは言っても死ぬ意志が薄れてきている。「死にたい」という欲求は相変わらずあるし、「ここに押したら楽に死ねるボタンがあるよ」と言われたら押すと思う。どうも死ぬことが面倒に思えてきたのだ。

生きることも死ぬことも面倒くさいって人間辞めてるね。辞めたいんだけど。

セルフ余命宣告をするにあたり、死ぬまでにしてみたいことを書き留めた。この一年は死ぬ為に有意義な一年にするつもりだった。だけど、できなかった。無気力な私は、布団の上から出ることが出来ず、日々虚無をすることしか出来なかった。死へのモチベもすり減り、自分は死ぬことも碌に出来ないのかと苛立った。他人と較べるつもりは無かったが、皆それぞれに有意義な毎日を過ごしていて、私のこの一年はなんだったのかと凹んだ。先日、人生を一旦リセットする為に旅に出た。虚無な毎日を少しでも有にする為でもあった。しかし大金をはたいた割には、思うような結果が得られなかった。一人で旅をすることに臆病になり、知り合いと伴立って旅行したからだろうか。想像していたような寂寞や忘我の情は無く、気がついたら旅は終わっていた。帰宅してからも、それまでと変わりなく虚無に過ごした。人間そんな簡単には変わらない、わかっていたことだった。

他人は、自分の生に疑問を持っても、折り合いをつけて上手に生きていくのだろう。「なんで生きているのかわからないから死にたい」というのはむしろ愚か者の思考なのだろう。なんで人間は無駄なことまで考えてしまうのだろう。いっそ何も考えずに生きられたら。でもそれは人間的には「死んでいる」って言えるんじゃない?人間って…………。

今は死ぬ死なないで悩んでいる場合ではなく、目の前に降り積もるタスクを一つ一つ片付けていかねばならない。死ぬと決めた日まで後2ヶ月くらい。でも今はそっと横に退けておく。

 

自分と宇宙のこと

読めばわかると思うんですけど、自分めちゃくちゃ文才ないんですよね。文才がないから、ブログすら書くのに躊躇いが生まれる。という言い訳なんですが。

この1年、わざわざ自分で機会を作ったのに何も出来ず家でひたすら寝るか泣くか。10万円ぶち込んだ資格の勉強は手さえつけていない。ダメ人間の極みってやつ。周りはどんどん私を置いていく。

生きる意味も生まれた意味もわからないし、今後の人生が楽しくなるとは思えないし、楽しいってなんなのかもわからないし、死んだほうが良いんだよね、コスパ的にも。でも死ぬのって凄くめんどくさいんだよね。こんなことをぐるぐる考えるのも面倒くさいね。なんで私は思考する生き物なんだろうか。

自分は思考する生き物とか言っておきながら、全然思考してないし。私はオタクなのに深い考察もできないし、私は大学生なのに深い研究もできないし、脳みそ動いてないんだよね。はあ、なんなのだろう今までの人生。何でこんなに宙ぶらりんなんだろう。

何処から間違えたんだろう。やっぱり生まれた時から間違えてたんだろう。他の人はそういうことを思わないのだろうか。また「他の人」とか言ってる。自分の存在すらも実在を確認出来ないのに、「他の人」の実在なんて確認しようがないのにね。

小さい時から、自分の住んでいる宇宙の外側についてよく想いを馳せていた。宇宙って実はマスキングテープの切れ端なんじゃない?ってまぁわけがわかんないんだけど。宇宙の外側には宇宙よりも大きい世界があって、そこにまた人間が住んでて……訳わかんないね。どうせ生きている間に宇宙の外側のことなんてわかるわけがないんだから、これくらい訳のわかんないこと言っていても良いよね。

宇宙って広くてちっぽけで訳がわかんなくて、そんなところに住んでいる私も訳がわかんなくて。訳がわかんなくて良いか……

明日も取り敢えず生きてみて、明後日も取り敢えず生きてみるか。明後日は自分のことがちょっとでも好きになれてると良いな。

虚無

物が散乱して足の踏み場もないくらい汚いベッドの上からこんばんは。

やっと低気圧から開放され、散らかった部屋を片付けて溜まった洗濯物を処理しようと思ったらこの有り様。明日着る服もない。自分がこうして虚無をしている間、Twitterを覗き込んでみると、周りの人は皆有意義なことをしていて。どうにもこうにも、自分の人生ってなんだろう、と途方もないことを考えるわけ。今年の春に、一年間休学という道を自分で選択したんだけど、何も行動を起こせていないし何も為せていない、そんな自分に腹が立つ。毎日虚無をしていて楽しいか?

こんなにも虚無をしていると、「来年の3月に死ぬ」っていう目標が宙ぶらりんになる。当初の予定では、今年一年充実した日々を送って全てをやり終えて春に死ぬつもりだったのに。今はとてつもなく死が遠い。でも毎日虚無をしている自分がとてつもなく嫌で、漠然と死にたいとは思うけど。

なんか、絵を描いても何のレスポンスも貰えなくてモチベが上がらなくて、漫画は自分にとってはとても難しくて、小説は書くだけのエネルギーが足りなくて。何かをクリエイトしたいけど、体がそこに向かわなくて。いや、苦しんで物作ってる人達からすれば、「つべこべ言わずにやれよ!」案件なんだろうけど、好きなことですらやる気が起きない人間の気持ちがわかるか?食事は好きだったけど、最近は食事することもままならなくなってきた。義務や強制じゃないと動けない身体。まぁ精神科行って薬貰えやっていう話なんだけど。

虚無していると脳死(思考が停止している状態を指す)してくるので、ついつい要らないものを買ってしまうし部屋にゴミが増えていく。しかも自分は捨てられないタチの人間だから、部屋はゴミだらけ、というわけです。でもこの脳死状態は非常に楽で、思ったことを何も省みずにポンポン口に出せるし、後悔することも少ないし、シャブをキメたみたいな心持ちになれる。さいこう。でも割と短気にもなるから、うっかり自分の気に食わない案件を見ると怒りで爆発しそうになってしまう。…………なんかカルシウムとか色々な栄養素が足りない気がする。

寝返りをうてないくらいの侵食度だと今気づいた。最近睡眠状態も悪いからうっかり一日の半分以上寝てたりするし、本当に大丈夫か?病気で死ぬときは寝ながら安らかに死にたい。けど難しいだろうな。心臓か脳か……。

 

ブログを書くという大きな「有」を終えて満足した。相変わらず纏まらないけど。

おやすみ

しんどいね、低気圧

 ふっとアクセス解析を見てみたら、6月に入ってから少しばかり閲覧数が増えていて、低気圧に苦しめられている人が多そうだな、と邪推したり。しかし今年の低気圧は酷いものですね。そもそも梅雨時期は湿気が多いせいで髪の毛がはねて微妙な気分になるのに、その上低気圧による体の不調!成人前は低気圧で体調を崩すことなんて皆無だったのに、ここ2、3年は苦しめられてばかり。偏頭痛は勿論、寝付けなくなるわ、起きられなくなるわ、身体が常に微熱で怠いわ……よくこんな日に動く気になるものです。タスクが沢山積まれているのだけれど、結局一日中ベッドの上から離れられなくて、そんな自分に辟易します。低気圧で苦しんでいても頑張っている人は沢山いるのに。でも今日は寝起きにチョコミントのものを食べたら頭が少しすっきりしました。最近めちゃくちゃ流行ってるねチョコミント。チョコミント、幼少期は食わず嫌いしていたけど、昔幼馴染と一緒に某アイスチェーン店で食べたら美味しくて、それ以来好んで食べるようになった気がします。歯磨き粉をよく飲み下していた人間だから、ミント味に耐性があったのだとも思う。とにかくチョコミントみたいなさっぱりした食べ物が、こんな時期には良いのかなぁなんて思ったり。うーん実家で出される冷やし中華が食べたくなってきた。

 特に書く話題も思いつかず、低気圧でもやもやした頭で適当に綴っていこうと思っていたけれど、なんとなく思いついたのでそれに吐いて書こうかな。

 最近気づいたのだけれど、健康な人間って凄く能動的だなぁと思う。いや、でも自分が健康的だった時期を思い出せなくて、その時ももしかしたら受動的な生き方しかしていなかったのかもしれないと思うと、それは健康/不健康に因るものじゃなくて、個性の問題なのかもしれないけれど。

 うつと診断されたわけではないから、うつと公言はできないのだけれど、うつみたいな状態になると本当に能動的な行動が出来なくて。自分の場合だと、ゲームのような思考することを求められる娯楽物に手を付ける気力がわかなくて。小説や漫画もすぐに集中が切れてしまったり。あとは最近流行りのyoutuber(?)とかを追いかけるのが凄く苦手で。まぁ個性かもしれないけど。だから周りに快活で能動的な人がいると羨ましいなぁと思うし、気力体力的な面でも今の自分には出来ないなぁなんて思って落ち込んだりします。低気圧だからってすーぐこういうマイナスなこと書き始める。今の受動的な生活を変えることが出来るのだろうか。それとも自分は別に変えようとは思ってないのではないだろうか。どうすれば良いのだろうね……。低気圧特有のマイナス思考にとらわれて、なんだか目の奥が熱くなってきてしまった。さっぱりしたものが食べたいね。